白衣の天使と呼ばれて

看護師は白衣の天使という代名詞をもっています。白衣の天使は、看護師が看護婦と呼ばれ規定されていた時代に、制服、ナースキャップ、ストッキング、ナースシューズのすべてが白色であったことから、こう呼ばれるようになりました。
今では、薄いピンクや水色の制服も見受けられますが、白色は特に清潔感を感じます。まさに尊い命に携わる看護師は、雰囲気からも白衣の天使を呼ばれるにふさわしい職業です。

看護師の母として有名なのが、イギリスのナイチンゲールです。クリミア戦争での負傷兵への献身的な看護で有名になりました。
生涯をかけて看護における指導を行い、全世界へ看護師の存在価値を広めました。
しかし看護が専門職として確立してきたのは、まだここ100年あまりのことのようです。今後も専門職として、貴重な人材になることは間違いありません。

看護師は、優しくて清らかなイメージがあります。病気やけがをした患者の心身に寄り添い多くのケアを指導し、時には助けとなってくれます。
医師以上に身近に感じるため、頼りにしたい存在となっています。白衣の天使に憧れて看護師を目指し、看護高等学校を卒業する学生にナースキャップが与えられる光景が、ニュースでも印象的に映っています。

自衛隊における看護

人命救助の第一線として活躍する自衛隊では、看護要員の育成として准看護師の養成所を保有しています。災害や震災を含め、いついかなる時に看護の技術が必要になるか分からない職種であるためです。
陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のすべてにおいて准看護師の資格をもつ隊員が存在しているのです。そのため現場状況によっては、准看護師資格保有者の派遣が多く必要になる場合があるでしょう。

そのほか自衛隊では救命救急士の養成取得もしています。自衛隊は体力だけがあるだけではなく、大変多くの知識と技術をもっています。
自衛隊員は、過酷な境遇での人命救助が必要になった場合、衛生面においての配慮や、人間の蘇生における瞬時の判断が必要になります。自衛隊の適切な処置が多くの命を救うのです。国民として、なんて心強いことでしょう。

自衛官を志し、もしもの場合に備えたあらゆる訓練に耐え、育まれる忍耐力は素晴らしいものです。また看護師と同様に命に接する機会に遭遇した時には、強い精神力が必要で、現場において、初めて実践に活かされる尊い職種が自衛官であると言えます。
そんな自衛官を目指す若者が増えることが、平和な豊かな国を支えるひとつになるのではないでしょうか。

看護師の求人

看護師は今、専門職として多くの病院やクリニック、介護施設から人材を求められています。そのため、公共職業安定所だけでなく、インターネットサイトでも広く求人についての情報を得ることが出来ます。

転職を考えている人に向けて、最良の条件を提示しています。看護師の仕事は勤務先によって大きく違います。医師の補助という基本的な治療に関わる業務には変わりがありませんが、本人の希望に沿った勤務と求人側がまさに一致しているとは限りません。
そのため双方の話し合いから始まり勤務に至るのですが、業務の忙しさや人間関係の複雑さから、転職を希望し、少しでも満足のいく職場を探している人が多いようです。

そんな貴重な職種である看護師の職場離れを軽減するべく、看護師専用の求人情報サイトが活躍しています。
まずは無料の会員登録をするところから、人材を確保しています。そのため、子育てや家庭の事情で職場復帰を希望している人に、今後の再就職活動への良い参考になっています。

関連資料:看護師の転職をサポートしている「美容外科求人ガイド」

このような看護師専門の求人サイトは、専任コンサルタントが存在し、応募に関する相談から病院など先方との条件交渉までサポートしてくれます。第三者が間に入ることで、派遣ともとれる形態ですが、労働契約がしっかり組めることで過剰労務がない安心感が得られます。
せっかく手にした看護師としての免許です。自身の能力を最大限に活かせる職場に出会うために、インターネットの活用も必要になってきたのです。

看護師免許の取得

憧れの職業として挙げられる中に、看護師があります。人の命を救う医師の補助的な助けをする看護師は、メディアで映画やドラマ化されたりドキュメンタリー番組にもなるほどです。
以前は女性を看護婦、男性を看護士としていましたが、今現在では男女ともに看護師という名称に統一されました。圧倒的に多かった女性看護師ですが、近年では男性看護師の活躍も多く、病院内での勤務も珍しくはなくなっています。

看護師になるには免許が必要です。この免許にも、正看護師と准看護師と区別があります。
まず正看護師とは、看護高等学校から専門学校、大学において合計3000時間以上の養成教育を受け卒業後に看護師国家試験の受験資格が得られます。この国家試験に合格すると、厚生労働大臣から看護師免許が交付され、看護師として就職することが出来るのです。
それに対して、准看護師は看護高等学校にて約1900時間以上の教育を受けることで卒業後に、都道府県知事試験の受験資格が得られます。この試験合格により、都道府県知事から准看護師免許が交付されるのです。

このように看護師は、養成時間によって2種類に分けられています。そのため、より高度な看護技術を求められるのは国家資格となる正看護師です。准看護師として10年以上の臨床経験を積めば通信制の移行教育も始まっており、現在准看護師から国家試験で正看護師を目指している人も多くなっています。
専門職として人のために尽力するその姿は、健康を崩した患者側になった時、とても頼りになる存在と言えます。

看護師に関する情報をご紹介しています